ポイントの付与

洋風のリビングとブラインド

物件購入やリフォームを行なうことで金額に応じて住宅エコポイントが付与されます。住宅の市場が落ち込んでいることから最近3度目の実施がされています。ポイント対象になるものが色々あるので、事前に確認しておく必要があります。

Read more

売却方法

一戸建てと緑

昔は任意売却を行なうことが少ない傾向にありましたが、現在はテレビやインターネットなどで多く広がりを見せてきました。競売を行なうよりも任意売却を行なう方が損害も少ないとされています。

Read more

土地の価格

茶色い一戸建てと空

不動産を所有していることは土地も同時に所有していることになります。バブル時代は土地が値上がりを見せていましたが、現在はそのときよりも土地が値下がりしています。最近では不動産価格が下落していることから同時に商業地も値下がりしています。

Read more

エコポイントの歴史

新しい芽を持つ

沢山の物件情報を持っている所沢の不動産をお捜しの方は、こちらで紹介されていますので、見てみてください。

住宅エコポイントは平成21年12月に創設された地球温暖化対策と地域経済への貢献や震災復興などが目的となる制度です。この制度は国が運営しており、環境に優しい住宅を建設・リフォームを行った場合にポイントを発行し、そのポイントは商品や追加工事の費用として利用することが出来ました。住宅エコポイントを応用した復興支援住宅エコポイントも同様で、住宅エコポイントの規約の改正と同時に平成24年1月からポイントの発行が行われるようになりました。住宅エコポイントとの大きな違いは、発行されたポイントは復興支援商品と交換するか東日本大震災への寄付を行うことが必要となっていました。 地球温暖化対策は世界的な問題となっているため、今後も同じような制度を行うことが検討されています。

住宅エコポイント制度の復活が国土交通省より発表されました。再開後は住宅エコポイントに変わり「省エネ住宅ポイント」となります。2014年の年末に閣議決定された緊急経済対策に盛り込まれたもので、消費税の増税により消費が低迷している住宅関係市場を活性化することが目的となっています。 今回は、リフォームの場合エコである設備に改修した場合のみでも単独でポイントが付与されることとなっており太陽光発電や高効率給湯器や節水機能付きトイレ、高断熱浴槽などの設備が3種類以上設置されていることが条件となっています。 これまでの住宅エコポイント制度とは異なり工事請負契約や売買契約の時期で定められるため、検討する人は注意が必要ですが導入されることで住宅市場は活性化すると予想されます。

オススメリンク